国内証券会社と海外証券会社の違い

FXで投資をする人が物凄く増えましたね、とてもいい事だと思います。

しかも海外のFX業者での口座を開いて大きな利益を上げています。

そこで日本の証券会社と海外の証券会社は何が違うのか?まとめてみました。



レバレッジ

日本のFXレバレッジ25倍が上限です(個人口座)法律で定められています。

海外は各会社によって設定されていて、400倍~3000倍が多く見られます。

レバレッジが高い方がリスキーだと思われるかもしれませんがレバレッジが高い方が、預ける証拠金が少なくていいという風に覚えてください。

投資はしたいけど資金があまりないと言う人は特にいいです。

日本の25倍で米ドルを10,000通貨購入しようとした時

<1ドル=100円のレートで計算した場合>

国内証券会社で1ロットあたりの必要証拠金
100,000(10万通貨) × 100(レート) ÷ 25(レバレッジ) = 400,000万円(必要証拠金)

海外証券会社で1ロットあたりの必要証拠金
100,000(10万通貨) × 100(レート) ÷ 500(レバレッジ) = 20,000万円(必要証拠金)

同じ米ドル10,000通貨購入でも大きな違いです。
大きくレバレッジをかけて取引をすれば、その分ハイリスク・ハイリターンになります。

安全に資金の運用を考えてるのであれば
レバレッジを抑えて、リスク管理や資金コントロールを徹底すれば、安全に運用することが出来ます。

注文方式

国内証券会社の8割はDD方式

DD方式ですが、トレーダーが発注した注文を証券会社のディーラーが介して、市場に流す。

トレーダーの注文を証券会社が一旦決済しますのでトレーダーと証券会社の利害関係が対立します。
つまり、顧客であるトレーダーが儲かると証券会社が損をするという仕組みです。

DD方式では顧客とFX業者が利益相反となる

懸念点としてはDD方式のFX業者では顧客とFX業者の相対取引になるので、顧客の損失はFX業者の利益となり、顧客の利益はFX業者の損失となります。

DD方式はFX会社の為替ディーラーがいて、取引のノミ行為(※インターバンクに流さない)が行われているので、個人投資家にとって不利と言う話しを耳にします。

独特の収益システムが用意されています。DD業者は顧客の注文を「呑む」ことができるので、その場で顧客同士の注文を相殺したり、小口注文なら一定の量がたまるまでカバーしません。これも想像ですが、個人投資家の90%は3ケ月で証拠金を失い退場するといいますから、そういった新規顧客の注文を呑んでしまっているのかもしれません。

DD方式はコスト(手数料)が安い

「スプレッド」や「レートの安定性」に関して言えば、DD方式の方が有利です。

例えば、DD方式が採用されている国内FX会社の多くは、ドル円でスプレッド0.2銭(原則固定)ですが、海外FX会社の場合は、スプレッドが1.2銭~2.0銭以上となります。

そして、各FX会社ごとによっても変わってきますが、レートの安定性(スプレッドの広がり具合)に関して言えば、元々のスプレッドが狭いDD方式の会社の方が有利と言えます。

それが国内証券会社の8割はこの方法を採用している。



海外証券会社はNDD方式がメジャー

NDD(No Dealing Desk)方式はディーラーデスクを置かないインターバンク直結の取引方法で海外FX業者のほとんどがこの方式です。海外ではSTP(Siraight Through Processing)方式とも呼ばれ、顧客の注文をダイレクトにカバー先に流します。

NDD方式の場合は、顧客が取引をすればするほど証券会社にはスプレッドとして利益が入ってきますので、利害関係が対立しません。

DD方式のメリットとして、約定力が高いことが挙げられます。

NDD方式はインターバンク直結型なので約定力は非常に高いです。

手数料が割高

DD方式と比べて手数料が割高です。

売りと買いの差額をスプレットと言いますが、この部分が手数料と言う事になりますが。

ドル円取引で日本の場合スプレッド0.2銭(原則固定)ですが、海外FX会社の場合は、スプレッドが1.2銭~2.0銭以上となります。スキャでのトレードにはDD方式の方が向いています。

NDD方式では顧客とFX業者が利益相反にはならない

NDD方式は相対取引ではなく、FX業者はあくまで顧客の注文をインターバンクへ流すだけです。そこに手数料及びスプレッドを上乗せすることでFX業者は利益を出します。

つまり顧客の注文数が多ければ多いほどFX業者の利益も増えるということになり、そこに顧客の損益は関係ありません。

NDD方式では顧客とFX業者が利益相反にならないのが特徴の一つです。

NDD方式のメリットはDD方式に比べて取引における透明性が高い点です。

まとめ

国内も海外も悪意がある会社は悪い事をする事には変わりありません。

そもそもほぼ全てのFX業者はDD方式であり、「DD方式=悪徳業者」ではありません。
DD方式だからと言って顧客の注文を全て呑んでいるのかというとそうゆうわけではなく、逆に7割~8割の注文はしっかり自動的にカバー取引(インターバンクへの注文)がされています。

FX業者を選ぶ際の注意点として「DD方式だから信用できない」「NDD方式だから信用できる」等と簡単に決めつけてしまわないことです。
中にはNDD方式と謳っていながら、内部的には実はDD方式を採用しているというFX業者もあります。

表面上DD方式であろうがNDD方式であろうが、実質的にはFX業者内で何が行われているのかなんていうのはわかりません。

疑い始めたらどこまでいっても切りがないのも事実です。




小資金で友好的な上限レバレッジの高い海外口座を上手に使い、FXと言う投資に参加する事も可能です。

国内証券会社ではその取引をする事は出来ないので、グローバルになった現在の条件を上手く使えば、自己資産を上手く運営できる可能性もあります。

証券会社を選ぶ時は

使ってる人のクチコミを見て、実際に使ってる人がひどい目に合えば、現在の情報の伝達速度は非常に優秀なので、直ぐに広まります。情報を上手く使う事で安全に投資できる事でしょう。

コメント