FXで勝つためには損切の徹底コントロール

FXで勝つためには損切の徹底コントロール

多くのトレーダーが日本にいて、毎日「爆益だ」「大損した」「退場した」と取引を行っている。

スマートフォン1台でどこで売り買いできる現代ではゲーム感覚で行う人も多い、そんななか億単位の収益を出し続ける強者も非常に多いなか、どうしたら勝てるのか?その最重要ポイント「損切」について



損切の徹底した管理

利益につながる利確と損切は、取引を行えば必ず行ういますが、基本的に利益確定はすんなりできますが、損益確定をする損切はやはりしにくいです。

FXに限らずトレード全般で損切は一番初めに覚える必要のあるスキルですが、この損切は上級者レベルでもすんなりとできない事のあるスキルです。一番初めに覚える事ですが一番難しいとされるスキルどの様に身に付けるのか。

損切はクールにスキルの発動を出来る様にしよう

自分の資金が減る行為が損切になります。FXをする上でトレーダーは必ず損切を経験します。

特別な口座以外は必ずポジションを持った時点でマイナススタートです。(売値と買値の差スプレットがある為)

そこからプラスへ、そして利益の積み増しをしていき利確をだす、マイナスはその逆です。

どうして損切が難しいスキルなのか?

まず一番大きな原因はメンタル面へのダメージが大きいからです。

さっきも書きましたが、損切は損を確定し自己資産が減る行動になります。

実際にキッチリと書くと、損益の拡大(自分が耐えられる損益以上に損益が膨らむ)を、防ぐために一旦ポジションを整理し、次のトレーディングへ切り替える為の行いですが。マイナス思考でとらえると前者の様に捉える為、メンタル面への負担が大きいです。



スケベ根性が損切を遅らせる

2番目の大きい理由は市場の動きは基本的に、上がって下がってを繰返します。

その為に、どうしても自分のポジションの位置に戻る様な気がするのです、これが損切を遅らせる理由にもなります、スケベ根性で回復する事もポジションによってはありますが、逆にスケベ根性で傷口が悪化する事の方が多く損切のタイミングの重要性はトレーディングにおいて非常に高いモノとされています。

大きくこの様な理由で損切はただ損を確定させ、大きな損失を防ぐ行為ですが、難しいスキルだと言う事です。

損切しないとどうなるか?

損切を必要としないレバレッジ1倍の手法を取ったり、それ相応の手法を使われている人以外は、損切せずに生き残るのは難しいと思います。

低レバレッジで1つのレンジ相場でしたら値が戻る可能性は高いですが、トレンド相場であったら厳しいでしょう。もし損切しないで置いたら数か月後に戻るかもしれないですが、それ以上の含み損を抱える可能性もあります。

トレードでの負けはどお処理するか

トレードで負けると言う事は、損益を出す事になります。

その損益をいかに小さくし利益を大きくするのが、トレードの醍醐味です

損小利大

損は小さく利益は大きくがトレードでの生き残り方です。

トレードは勝った回数ではなく勝った時の金額から負けた時の金額を引いて残った金額がプラスなら勝ち、マイナスなら負けです。これは99勝1敗でもマイナスなら負けです。

負ける事は必ずありますのでどれだけ負けをコントロールできるかが勝つ秘訣です。

その為には絶対に負けを小さくする努力とテクニックが必要です。

含み損の恐ろしさは

含み損は確定しなければ資産は減らず、ただの一時的な目減り表示でありますが、各国が発表する経済指標や各国の要人による発言で、通貨市場の大きな値動きやトレンドの急変なども起きます。

最近ですとトランプ大統領のTwitterでの発言でドルの変動が起きたりとトレーダーの間では「トランプ砲」などと言われてます。




そんな中、含み損を管理しきれないとドンドンと含み損は増えていきます。トレンドは片方向へ一方的に動く値動きですので、反対ポジションは含み損の積み増しですし、正常ポジションは含み益の積み増しです。

例えレバレッジを抑えた取引であっても、トレンド力と言うのは値の伸び方が日々大きくなり、それと共に含み損は大きくなります。

含み損10,000円と、含み益10,000円では、同じ金額でも含み損側からの方が大きく感じる傾向にあり、その傾向がたった10,000円の負けが100,000万にも1,000,000万円にも感じる事で、すんなりと損切出来ないと減少にも陥ります。

追証と言う地獄

そして行く果てには世界では「マージンコール」日本では「追証」にたどり着きます。

追証とは維持率100%以下になった証拠金の埋め合わせ、証拠金100%まで戻すために追加入金をする事(日締め時に維持率100%の割込み)

含み損を握りしめて辿り着くのは追証です。多くの人が1度は味わう追証です。

こちらは該当する含み損ポジションを持っている以上はずっと付きまといます、追証も一時解除しても更なる含み損額が維持率に影響を与えるうちは、ずっと付きまといます。

毎日の値動きが非常に大きく感じ、マイナス益の増加が常にボディーブローの様にダメージを貰い、維持率100%を切ってしまうと入金と言う、ある意味借金に追われる気分になります。

私も結構な数の追証を刻んできました、今思えば大した事のないの含み損から始まったと思います。

損切まとめ

損切と言う行為を甘く見ると、実質的にマージンコールまでたどり着きます。ポジションが反対方向だった時、ポジションの持った位置が悪かった等は日常的に起きてしまいます。

そんな時、まだ損益が重くない時は素早くポジションチェンジを行い、利益の出せる側に移る事が重要なのです。

損切に大事なのは自分自身が設ける損切ルール

値動きはドル円で1日平均50ピプでメジャー指標絡むと80~100ピプと、一応平均は出ていますのでこれらに沿って、損切ルールを決めると決めやすいと思います。

ルール(逆指値など使用)ないと、ドル円で平常時50ピプを含み損でメジャー指数絡むと100ピプ上乗せとなると150ピプの含み損、10枚の米ドルを買っていたら15万の含み損となります。

そうなる前に自分が損失を出した時立ち直れる額で切り捨てる事が大事です。

私は注文時同時に逆指値を入れる設定にしてあります。ドル円で50ピプ・ポンドル35ピプと言う様に損失は出ますが痛手には成らず、次へつなげる様にしています。

含み損は大きなればなるほど精神的な苦痛・そして耐えかねた後に決済した時には証拠金が残らなくなるので、再戦しにくい状態になります。

手法やトレード手段などで損切はかわりますので、100ピプまでで自分の資金と相談して決めましょう。

自分で行えない場合は、自動で行う様に自身を自身で守りましょう。

  • レバレッジ脅威の1000倍
  • 完全追証無しのシゼロカットステム
  • 入金ボーナス100%(入金額の100%がボーナス)。
  • 日本人による24時間サポート(オンラインチャット・メール)MT5無料使用・自動売買EA使用可能
  • 仮想通貨レバレッジ最大1000倍

コメント