【ナンピンとは】いい使い方間違った使い方

理解をせず行ってしまい大きな損失を出してしまう恐ろしいナンピン
しっかりと理解してナンピンを行えば成功率も高く、利益の拡大を狙う事の出来る手段です。



トレードで難平(ナンピン)とはなに?

難平とは、株式投資や為替取引などの売買手法のひとつで、評価損が出ているポジションに対して、新たにポジションを保有することで、平均コストを下げる行為をいいます。
ナン(難=損)を(平)均することから、難平(ナンピン)といいます。

難平手法

ドル円を100円で買った後に98円まで価格が下落したとします。
このポジション(ドル円100円買い)がプラスになるには、ドル円が100円まで上昇しなければなりません。
しかし、98円で同じだけのドル買いを行えば平均価格が99円となり、99円まで戻れば損益はプラスマイナスゼロとなります。

平均取得価格を低くすることで、その後の上げ幅があまりなくても利益が出やすくなります。
もちろん、価格が下がれば損失は倍増してしまい大きな痛手を伴います。

難平(ナンピン)に不向きな人

初心者トレーダー

トレンドのどのタイミングでナンピンするべきか見極めるのが難しいからです。

FX初心者は、FXについての知識や実践経験が少ない傾向にあります。

トレンド相場でナンピンする、またはナンピンが早すぎる場合が多いため、初心者はナンピンしないほうが無難で難平よりも固い損切を選択する方が、次の相場へのメンタルの切り替えがしやすいと思います。

トレードの計画が立てられない人

チャートを分析せずに勘や無計画でナンピンすると、大損につながるからです。

含み損を取り戻したい気持ちが強く「これ以上は下がらないだろう」「そろそろ反発するだろう」と根拠もなくナンピンすると、含み損が膨らんで冷静な判断ができなくなります。

計画性よりも焦りや欲が勝ってしまい、チャートの分析が正確に行えず含み損が膨らんでしまい、最悪維持率低下によるロスカットを起こし、再戦をする事が出来ず退場を余儀なくされるケースもあります。

含み損に耐えられない人

含み損に耐えられないとメンタル面に影響して、冷静な判断ができなくなるからです。

含み損のストレスに耐え兼ねて決済を早まってしまう人が多いです。心理的に1000円というお金を含み益と含み損と言う真反対な立場でそのお金の価値を比べると、含み損側からの方が重みを感じると言う傾向にあります。

その為、ナンピンは含み損側で行い、ナンピンをした後に積み増しされる含み益は2倍になる為、含み損が膨らむ金額がナンピン無しの時の倍額増えていくため、感じる恐怖も倍以上の恐怖となる為にメンタルが弱くなる。

その為、その恐怖から逃げるには決済を行うしかない為に、わざわざナンピンをしたにも関わらず、決済を急いでしまうと言う事です。

この様なタイプの人も、ナンピンと言う手法が合わない人で、ナンピンをして損を膨らませてからの決済より

早目の損切を行う方が無駄な損益を出さなくてすむため、ナンピンと言う手法は取らない方がいいでしょう。

  • レバレッジ脅威の888倍
  • 完全追証無しのシゼロカットステム
  • 入金ボーナス100%(入金額の100%がボーナス)50万円まで。
  • 日本人による24時間サポート(オンラインチャット・メール)
  • MT4・MT5無料使用・自動売買EA使用可能
  • 日本人口座開設No.1

正しいナンピンの使い方

相場にはある一定の範囲で値段が上下に変動する「レンジ相場

逆に買いか売りかどちらか一方向にむけ力強く動く「トレンド相場があります。

2種類の相場でどちらがナンピン相場かと言うと、レンジ相場だけです。

ナンピンはレンジ相場でしかしてはいけません。

レンジ相場はある一定の幅で移動しているので、もしここで下がって買い増しをしたとしてもその値段がもう一度上る可能性があるからです。

レンジ相場以外にも、長期的にみて相場が元に戻る可能性が大きい場合、ナンピンは有効に作用します。

下がってしまっても、もう一度上る可能性が高ければナンピンすれば買値の平均値が下がるので少しの上昇で利益を得ることが出来るというわけです。



ナンピンのダメな使い方

先程レンジ相場でナンピンをつかうと収益を取り戻す可能性があると説明しましたが、逆にトレンド相場でナンピンをやってしまった場合、これは悲劇です絶対やらない。ナンピンしたらトレンド相場だった時や、トレンドへ変わってしまったりした時は速やかに損切をしましょう。

ナンピン買い(ナンピン売り)をしてしまうと、必ず元の値段まで戻ると強く信じてしまって損切をできなくなったり、追加でナンピン買いを何度も行ってしまうという事態に陥ります。

ナンピンの最悪のシナリオは、ナンピン買いを繰り返した結果、最終的にロスカットされてしまうというパターンです。こうなったら大損は間違い無しで、FX初心者の方なら市場から退場する程のダメージになるかもしれません。

ナンピンのまとめ

おそらく、いつどのタイミングでナンピンするかしないかの判断は初心者の方には少し難しいかもしれません。

また元の値段まで戻ると確信して、ナンピンしたけれど市場は反する方向に動いてしまい、最終的にロスカットを食らって大損してしまうというようなことがあります。

FXを始めたばかりのうちはナンピンを使わない。損切をしましょう。

ポジションがもう一度戻る可能性があるのなら買い増しせずにそのままポジションを持っておくことをオススメします。なぜなら、大抵の予想は外れるからです。
逆に下がる可能性があるのなら早めに損切を行う事をオススメします。

FXで大事なのは経験と知識です。とりあえず取引回数を重ねてある程度自分の手法なんかや利益の上げるパターンなどが出来上がった時に、必要な手法であれば取り入れていく事をオススメします。

FXのトレードで絶対と言う事はありません、なぜなら結果は未来にわかるから。



コメント