5月病?体調が悪いときは!うつ病かもしれない

5月病が心配されるこの時期、皆さんは何に気を付けて過ごされていますか?

過去最大10連休のゴールデンウィーク

今年は令和元年で盛り上がる中、過去最大のゴールデンウィークで10連休と5月は話題が多い月となりました。

10日間と言えば1ヶ月の3分の1に当たります、サラリーマンにとっては心のオアシスとなり会社にとっては売上激減のとんでもない連休になったと思います。

過去最大10連休のゴールデンウィーク

過去最大10連休のゴールデンウィーク

5月病とは?なにか?

日本においては、新年度の4月には入学や就職、異動、クラス替え、一人暮らしなど新しい環境への期待があり、
やる気があるものの、その環境に適応できないでいると人によってはうつ病に似た症状がしばしば5月のゴールデンウィーク明け頃から起こることが多いためこの名称がある。

医学的な診断名としては、「適応障害」あるいは「うつ病」と診断される。
5月病とは?なにか?

5月病とは?なにか?

あるいは、会社での人間関係・業務・業績、学校での人間関係・虐め・学力問題などで悩んでいる人などは、

連休中にはそれらから解放されていますが、連休終了と共に再度訪れる悩みに圧迫され連休前よりも精神状態が悪化する事で、不登校や会社を休みがちになる。

憂うつな状態が長引けば専門医に

憂うつな気分、強い圧迫感が長く続くようであれば早めの診察を受ける事でそれらの症状が進行せずに、早い完治や状況改善に間違いなく繋がります。

精神疾患は悪化させる事が1番良くない事で、早くに対応していれば長期化せずにすむ。

心療内科は心の内科

そういった医療機関にかかる事に抵抗を感じたり、そういった症状を風邪等に置き換えてしまい心療内科へかかる足を遠のかせる。

私も実際にかかる時、「恥ずかしい」「精神異常者にされる」など、社会的観点から自分がその部類に入る事を強く拒絶してました。

通院し感じた事は「餅は餅屋」的に、専門医は専門医です。個人のプライバシーにも気を配ってくれ、名前ではなく番号での呼び出しをしてくれる病院などあります。

病院も昔の様に、うす暗く冷たくそれらしい病院の雰囲気から、明るくてごく一般的な病院の雰囲気作りされた所が多いです。

心の専門内科と思えばいいのです。


おかしいと思ったらまず病院

少し個人の体験から話します。

うつ病と診断を直ぐできる状態の人と状態によっては自律神経失調症と診断される場合があります。

うつ病にも個人差が凄くあり、その人その人にあった治療法が組まれていきます。

カウンセリングが必要・不必要などでも変わってきますし、なによりも薬を合わせる事に時間がかかります。


薬剤療法には時間がかかる

私も一番症状のひどい時には、1日に飲む薬は20錠ほど飲んでいました、まさにシャブ漬けだと自分を哀れんだ時もありました。

初診か1回目の処方される薬が効き目を表すのに最低で2週間はかかるらしいです。

初回の処方された薬がもしもベストでない時でも、2週間の効果待機時期を得ないと、医師も判断ができないのです。

これは抗うつ剤の性質で飲んで、潜伏期間と効果が出始める、そして薬の効果が切れるのに時間を要する性質を持っているかららしいです。

なので個人個人にベストな薬剤療法をする為の薬剤を決めるのに時間がかかる為、少しでも早くに病院にかかる事が大事。

精神疾患、うつ病、パニック障害、適応障害などの精神病は手術してとかで良くはなりません、多くは薬剤療法での治療になる為薬は主治療なのです。

早く自分に適切な薬を見つけ、良くなる事が一番の病気から脱出する方法です。

薬剤療法には時間がかかる

薬剤療法には時間がかかる

薬は自己判断で止めるのは危険

よくうつ病の薬餌治療中に薬の効果が良く効き、途中で良くなったと自己判断し薬餌療法を自分で勝手に止めてしまう人が結構多い。

しかしそれは薬の効果のお陰であり、改善したわけではない事多い。

そのため薬の効力がなくなるが、薬の特性上直ぐには抜けきらない為、症状が再発した時には症状が悪化しぶり返すという事が多い

これはその薬の性質で飲み止めても、薬が完全に切れるまでのタイムラグ間、「ほら良くなった」と、思ってしまう為に起こりえる事

薬を止める時は医師による脱薬方法での治療で行わないと、非常に危険です。

中にはショック状態を引き起こしたり、パニック症状になるケースもあるので絶対に自己判断では止めない方がいいです。

5月病は梅雨時期にも強く出ます

5月後半から南の方より梅雨入り宣言が出始めます。

梅雨の時期は健康体の人ですら、憂うつ感を持つほど嫌な時期です。

朝から土砂降りなんて日は、学校や仕事に行きたくなくなりますね。



梅雨時期に5月病が悪化しうつ病へ

5月病を改善しないまま梅雨時期へ入って、憂うつな気分を連日過ごす事で我慢できていたうつ状態が強くなってしまう。

うつ病前にはうつ状態を経験してから悪化する事で、うつ病となります。

長期にわたり憂うつな気分で過ごしている、少なからずその憂うつさは大きくなっているはずです。

うつ状態の状態ではうつ病だけでなく、色々な精神疾患にかかる事もあります、長引かせ悪化させる事これこそが一番良くない事です。

長期治療・社会復帰に掛ける時間

本当に些細な事がきっかけでうつ病になったりします。症状の重さは個人差ですが。

ほおっておくと良い事は無いです、入院したり施設での治療を余儀なくされたり。

私は7年間でした、決して短くは無いですが10年を超える人も少なくないのが現状です。

症状改善したら終わりではないのです。そこが一区切りであり生活の為には社会復帰と言う大きな壁が待ってます。

長期療養で社会から遠ざかってしまっていた為

療養の次は社会復帰をしないといけません。

お金を稼ぐには勤めないといけないので、就職活動し面接などを受け入社するという。

正直にいいますと「きついです」。

まず「この何年間は何をされてました?」必ず聞かれます。空白の履歴は不自然ですから。

私の場合・・・最終的に開き直りました!面接全てに開き直りました!!

隠した所で、つじつま合せる方が大変ですから、でも全て面接は落とされました。悔しいですがこれが現実です。


現代の社会は社会的支援システムがある

もううつ病患者数も現代で7人に1人と言う時代です。国もこれを重く受け止めて支援活動を各自治体で行っています。

ですから、完全に社会復帰が無理、難しいと言う訳ではなく、会社側も受け入れ支援する事で社会貢献をしたいと言う仕組みがもうあります。


まずは出社する事から支援してる一般財団もあります。

長い間世間とは離れて闘病してたわけですから、まず外に出て活動する事すら少し戸惑う。

次の記事にはこういった支援団体や自治体の支援内容などをまとめたいと思います。

コメント